FC2ブログ
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 275

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

KIKI歌野

Author:KIKI歌野
物書き(♀)です。アダルト表現を含む物語もありますのでご注意ください。ふと訪れた方々が楽しんでくださればうれしいです。
コンテンツの無断転載は一切お断りいたします。

メッセージ

コメ欄を閉じていますので、ご意見、ご感想、ご連絡などございましたら、こちらまでお願いいたします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

KIKI歌野の、たあいないものがたり
小説を書いています。官能を含む恋愛小説、普通の小説をぼちぼち載せていきます。たぶんまあまあ面白いです(つまんなくても暖かい目で見守ってください・・笑)


  NEW!!☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 2012年8月
 直己×香枝の最新作『パーフェクト・ビューティー・オブ・ライフ』アップしました。

 ゴメンナサイ、今回は有料コンテンツですが、(1)のみ無料で試し読みしていた
 だけます。

  皆様から寄せられたご感想はコチラ → ★★

 
 2010年11月
 直己×香枝の第四弾『ラヴァーボーイの受難』アップしました。


   インデックス・作品紹介
  初めてのお方はどうぞ。このブログ内の小説ラインナップが一目でわかります。


  キャラ紹介
  小説のキャラ紹介です。「100の質問!」コーナーもあります。お時間のある方はぜひ


  KIKI歌野の日記
  皆様へのお知らせとかお礼とか言い訳とか、いろいろ書いてあります。


  ツイッター
  キャラなりきりつぶやきもやってますので、小説を気に入ってくださった方なら
  楽しめると思います。ぜひのぞいてくださいね(現在停止中・・・ごめんなさい)



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸東京博物館とわたくし
ちょっと御無沙汰しております。

ツイッターでもちょろっと書いたのですが、先日久しぶりに江戸東京博物館に行って参りまして、初めてツアーガイドを頼んでみました。(一般展示室にはボランティアのガイドさんたちが常駐しています。)

ガイドさんの豊富な知識を分け与えていただきたいのはもちろんのこと、仕事ぶりを観察させてもらい、来年のボランティアガイドの試験対策を早々と立ててしまおうという黒い魂胆も私にはありましたw なにしろ今年は無情に落とされたので・・・。

ガイドさんは4,5人待機していましたが、そのうち初老の男性が案内してくださることになりました。彼を一目見た印象は、


偏屈そうな顔の爺さん


でした。


ハッ、だめよ、初対面で決めつけちゃいけないわ・・・

ボランティアの先輩なのだから(←来年は死力を尽くして狭き門に食い込むつもりの私)尊敬をこめて接しなくては・・・と即座に反省。


ます手始めに、博物館六階の、実物大の日本橋の複製を渡りながら、彼はこう説明しました。

「江戸は火事の多い町でしたが、日本橋は江戸年間で20回(だっけ? 忘れた・・)も焼失しました」

「260年間で20回ってすごいですね」

267年間ですね」


この強調にいささかムッとした私でしたが、顔には出しませんでした。


つづいて寛永年間の江戸の町の巨大古地図の前に来て、寺社地と武家地と町人地についての説明を受けました。知ってるのですっとばしてもらいたい、と思ったのは、さすがに少し顔にでたかもしれません。

私は徳川家とか大名についての知識がないので(好きなのは町人文化なので・・)、譜代大名と外様大名の上屋敷の場所はどういう割り振りになっていたのかとか、普通の人があまりしないような質問ばかりしました。その時点で、彼の話を遮りまくっていたようですが、私にはその自覚はありません。何しろ夢中なので。


「このジオラマは、どっちが南ですか? 日本橋南側の高札場はこっち?」

とか

「あれ? この親藩大名の屋敷の模型だと、江戸城はこっち側になるんでしたっけ?」


とかマニアックな(しかし方向音痴が露呈する)質問ばかりしていたら、ガイドさんの堪忍袋の緒がブチッと切れる音が聞こえました。


「あなた、私の話をちゃんと聞いてますか?」

「えっ?」

「あのですね、そんなに質問したいんだったら、あなたの聞きたいことだけに私が答える形式にするか、私に説明させるかどっちにしてください。やりにくくてしょうがないです!」


私はあっけにとられ、「ちゃんと聞いてますし、その上で質問してるつもりです」ときつい口調で抗弁しましたが、「ガイドの中には、質問を嫌う人だっているんです。正直に言って、あなたは非常にやりにくい」などと言い出したので、これ以上言葉を重ねても互いに不愉快になるだけだと判断し、私はキッパリと言った。


「ここまでで結構です。終わりにしてください」


彼を置いて受付カウンターにとって返し、彼に対してのクレームをつけてから、他の方にチェンジしてもらいました。(ここはデリヘル斡旋所か? と内心でセルフツッコミが入っていましたが w)


次に私のお相手をしてくださった方は30代くらいの女性で、天使のようにの感じのいい方でした。私など及びもつかない江戸マニアぶりを堪能させていただきました。知らなかったこともたくさん教えてもらったし、心から感謝です。ありがとうございました。


いやほんと、ボランティアとはいえガイドって簡単じゃないなぁと実感しました。
私のようにマニアな客もいるし・・・・とはいえ、別に客として非常識なことをしたわけでもないと思うけど、世の中にはいろんな人がいるんだってことで、これにて一件落着・・・・


・・・じゃないっしょ! 将来の先輩に今からもう嫌われてんのかよ! 私のバカバカバカ~。



・・・さて、小説は一日一時間くらいはなんとか書いております。アップを長々と引き延ばしてごめんなさい・・・たぶんスランプです。連載の間隔をあけてしまったため、キャラへの感情移入が難しくなっちゃったみたいです。


あと・・・・皆様にお伝えすべきか迷ったのですが、実は私の勤務する会社が倒産状態なので、のんきに小説を書いてる場合じゃなくなりました。

とはいえ、旅行に行ったり飲みに行ったり博物館に行ったり、あの手この手で鬱憤晴らしする時間はあるわけなので、小説に裂く時間ももっとあってしかるべきなのですが、割といろいろ、精神的にも肉体的にも大変な時期っぽいので、勘弁していただければと思います。あ、でも深刻に悩んだりはしてないんですけどね。私が経営してるわけじゃないので・・・w


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

人生で色々と大変な時期なのですね。
小説は、KIKIさんがとても辛かったときに始められたと書いていたように思います。小説を書きたいと思った最初の目的を貫いていいよと、思っている人は私だけじゃなく結構いるのじゃないかな?
閲覧者が増えてくるとブログは自分だけのものじゃないという思いも増すかもしれません。でもペースが落ちてもいい。自分のために書く。のんびり書く。楽しんで書く。書けないときは書かない。それでいいよ。そんなあなたがいいよ。そんな風に声をかけたいです。
[2010/09/01 23:36] URL | さやか #- [ 編集 ]

大変でしたね…
なかなか厳しい局面にあるんですね…
そんな中 楽しむために行った江戸博で、残念なガイドさんに当たり お気の毒でした(ノ△T)

しかし、ちょっとそのやりとりを見てみたかったかも(笑)

マイペースで頑張って下さいね。ファイトです!
[2010/09/02 01:43] URL | かおりん #- [ 編集 ]

はじめまして
KIKIさん、はじめまして。

2ヶ月ほど前から、大ファンです。
ファンレター(ファンコメント)なんて、恐れ多い・・・と思っていたのですが、
「博物館でガイドを聞かれた話!今だ!!」と思い、
勇気を出してみました。

私も博物館でガイドやってます。
ボランティアではありませんし、広汎な知識を持ち合わせているわけでも
ありませんが。(それってかなり駄目かも・・・)

ボランティアガイドって難しいですよね。
趣味と実益を兼ねて、聞く側もよく体験しますが、
いいガイドさんに出会えるのはかなり幸福、
イライラせず且つひとつでも得るものがあれば感謝、
それ以外なら・・・まあ普通?と思うようにしてます。
イラっとしたことも多数。

と、まだまだ博物館トークしたいところでしたが、
現在大変な状況とのこと・・・
KIKIさんに平穏な日々が戻ることをお祈りしています。
お疲れのでませんように^^
[2010/09/02 02:57] URL | 雪 #- [ 編集 ]

皆様、ありがとうございます
雪さん
はじめまして。
博物館のガイドなんか良いですねー。憧れです。いつか私もやってみたいです。
知識と人柄を兼ね備えているガイドさんはめったにいませんよね。
でもどちらか一方を選べといわれたら、人柄のほうを、私ならとりますw
ご心配ありがとうございます。

かおりんさん
そうですね、職を失うことになるので状況は厳しいです。
ただ自分を見つめなおすいい機会でもありますね。
博物館のやりとりは相当こっけいだったと思いますよーw

さやかさん
私が小説を書き始めたのは、もっとずっと前ですが、しばらく忘れていて、
復活したのは確かにつらい状況から逃れるためでした。
コメントを拝読して涙がでました。
会社のことが解決したら情熱のままに書くのもいいかもです。
[2010/09/02 11:57] URL | KIKI歌野 #- [ 編集 ]

初めまして☆
突然ですが!
GLAMOROUS9月号の付録?のグラ男の一番最後のページの方を見た瞬間、直己を思い浮かべてしまいました!
立ち読み中、こんな出会いがあるとは・・・
あくまでも、私のイメージですが昼休みにうっとりできた瞬間です♪
これからも楽しみにしています(^-^)
[2010/09/02 20:56] URL | nanana #- [ 編集 ]

Re: 初めまして☆
nananaさん

そうなんですか? いろんな直己がいるなーと、いつも皆様のコメントを見て嬉しく思います。ありがとうございます~
[2010/09/05 01:13] URL | KIKI歌野 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kikiutano.blog134.fc2.com/tb.php/101-bd2adf45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。