FC2ブログ
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 275

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

KIKI歌野

Author:KIKI歌野
物書き(♀)です。アダルト表現を含む物語もありますのでご注意ください。ふと訪れた方々が楽しんでくださればうれしいです。
コンテンツの無断転載は一切お断りいたします。

メッセージ

コメ欄を閉じていますので、ご意見、ご感想、ご連絡などございましたら、こちらまでお願いいたします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

KIKI歌野の、たあいないものがたり
小説を書いています。官能を含む恋愛小説、普通の小説をぼちぼち載せていきます。たぶんまあまあ面白いです(つまんなくても暖かい目で見守ってください・・笑)


  NEW!!☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 2012年8月
 直己×香枝の最新作『パーフェクト・ビューティー・オブ・ライフ』アップしました。

 ゴメンナサイ、今回は有料コンテンツですが、(1)のみ無料で試し読みしていた
 だけます。

  皆様から寄せられたご感想はコチラ → ★★

 
 2010年11月
 直己×香枝の第四弾『ラヴァーボーイの受難』アップしました。


   インデックス・作品紹介
  初めてのお方はどうぞ。このブログ内の小説ラインナップが一目でわかります。


  キャラ紹介
  小説のキャラ紹介です。「100の質問!」コーナーもあります。お時間のある方はぜひ


  KIKI歌野の日記
  皆様へのお知らせとかお礼とか言い訳とか、いろいろ書いてあります。


  ツイッター
  キャラなりきりつぶやきもやってますので、小説を気に入ってくださった方なら
  楽しめると思います。ぜひのぞいてくださいね(現在停止中・・・ごめんなさい)



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とつげき読書感想文
とつげき読書感想文


いきなり変なコーナーを作ってすみません。ちょっと書かずにいられなくなったので。


今、泉鏡花の作品集を読んでいます。

ご存知の方も多いと思いますが、泉鏡花は明治生まれの文人で江戸趣味の人です。

江戸マニアの端くれとして一度読まなきゃと思いつつ、難解そうでうっちゃっておいたのですが、やっと図書館で二冊借りてきました(買えって?)。

で、やっぱり難しかったです。

だって名作とされる『外科室』の冒頭ってこうですよ? ↓↓


実は好奇心の故に、然れども予は予が画師たるを利器として兎も角も口実を設けつつ、予と兄弟もただならざる医学士高峯を強いて、其の日東京府下の一病院に於いて、渠が刀を下すべき、貴船伯爵夫人の手術をば予をして見せしむることを余儀なくしたり。



・・・・日本語ですよね?


三回読んで意味が掴めたかどうか・・・いくら百年以上前の作品とは言ってもこれは・・・くじけずに最後まで読みましたけど・・・。

「あり得んだろ!」って叫びたい程の、気の遠くなるような純愛は伝わったのですが(冬ソナ顔負けですよ。冬ソナ見たことないですけど)、たぶん私はストーリーを間違って解釈していると思います。読後にこう言ってはなんですけど、誰かあらすじを教えてください。純愛は純愛なんですけど、この話そこはかとなくエロティックじゃないですか?


ちなみにその後、『酸漿(ほおずき)』を読んで、いっぺんにファンになりました。グロテスクな精緻を極めた描写に途中で具合が悪くなったけど、このラストの鮮烈さは何?? こんなの読んだことない!


少し開けた障子から皓皓と青い月影がさす夜半の奥の間に、ところどころ黒く汚れた白絹の着物が畳に長く寝そべっていて、月に透かしてみれば、黒く見えたそれは鮮血である・・・・


・・みたいな怖さと美しさなのです。たとえは陳腐ですけど。


すごいです鏡花さん!

萌えます~。


ああ私、昔から読書感想文下手でした。この身震いはまったく伝わらなかったかもしれませんが、最後までお付き合いくださった方、ありがとうございます。


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント
えぇっ!?
こんにちは!
KIKIさん!ビックリです!
私の田舎で使う方言?と同じものが今回の日記にでてきて・・・
まさか同郷?!とまで妄想しちゃいました(笑)
とんでもなく離れた地域で同じものを使っていたりと、方言は不思議なのでものですが、まさかこちらで出会うとは!
うれしいです♪
[2010/10/05 09:34] URL | nanana #- [ 編集 ]

Re: えぇっ!?
nananaさん、ありがとうございます。
ひょっとして「うっちゃる」ですかね? 
これ一応標準語なのですが、地方色の強い言葉のようですねー。ちなみに私は東京出身ですが、関西や北陸に住んでたこともあります~。
[2010/10/05 18:19] URL | KIKI歌野 #- [ 編集 ]

ありがとうございます!
さっそくありがとうございます!そうです!うっちゃるです!標準語なんですか(゜o゜)ビックリ!!
色々勉強になります♪
[2010/10/05 21:52] URL | nanana #- [ 編集 ]

こんばんは☆
体調はいかがですか?

泉鏡花さん…図書館では専ら子供たちの絵本のみを借りるこの頃です(>_<)

機会があったら読んでみようと思います!

今日、以前、直己のイメージを載せていただきましたが!

直己じゃん!みたいな男性を見かけて、勝手にドキドキしちゃいました(^_^;)

そして帰宅後すぐにつぶやきもチェックしました♪

つぶやきチェックが私の日課です(*^o^*)
[2010/10/06 20:46] URL | りかみぃママ #- [ 編集 ]

re: 外科室
KIKIさんこんばんは。「外科室」は吉永小百合と玉三郎で映画になったお話ではないですか?本も映画も見ていませんが、宣伝用の映像が美しかったのを覚えています。
[2010/10/06 22:09] URL | Bingo #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます
りかみぃママさん

体調は大丈夫です。御心配おかけしてすみません。
直己のような・・・どんな感じだったのでしょうか?(笑)
ちなみに私も本日、帰りの電車がなぜか「イケメン電車」で、カッコいい人ばかりで楽しかったです。
あ、つぶやきチェックありがとうございます!


Bingoさん
1992年に映画化されたようですね。あれを映像化したくなる気持ちは痛いほどわかります。あの夢幻の世界を、視覚でも追認したくなるんでしょうね。しかしあんな短編どうやって映画化したんだろ。・・
[2010/10/06 23:05] URL | KIKI歌野 #- [ 編集 ]

映画
坂東玉三郎さんの監督で映画化されてますね。ウィスコンティを彷彿とさせる演出とカメラワーク、玉三郎さん独特の美意識感、世界観で私が一番好きな邦画です。
今でも見られるのでしたら、間違いなくお薦めの作品です。
[2010/10/26 11:36] URL | のえる☆ #- [ 編集 ]

Re: 映画
のえる☆さん
映画はみたことないのですが、あれを映像化するとしたら極度に美意識の研がれた人でないと無理でしょうね。どうもありがとうございます。
[2010/10/26 19:46] URL | KIKI歌野 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kikiutano.blog134.fc2.com/tb.php/121-e6a8e78a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。