FC2ブログ
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 275

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

KIKI歌野

Author:KIKI歌野
物書き(♀)です。アダルト表現を含む物語もありますのでご注意ください。ふと訪れた方々が楽しんでくださればうれしいです。
コンテンツの無断転載は一切お断りいたします。

メッセージ

コメ欄を閉じていますので、ご意見、ご感想、ご連絡などございましたら、こちらまでお願いいたします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

KIKI歌野の、たあいないものがたり
小説を書いています。官能を含む恋愛小説、普通の小説をぼちぼち載せていきます。たぶんまあまあ面白いです(つまんなくても暖かい目で見守ってください・・笑)


  NEW!!☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 2012年8月
 直己×香枝の最新作『パーフェクト・ビューティー・オブ・ライフ』アップしました。

 ゴメンナサイ、今回は有料コンテンツですが、(1)のみ無料で試し読みしていた
 だけます。

  皆様から寄せられたご感想はコチラ → ★★

 
 2010年11月
 直己×香枝の第四弾『ラヴァーボーイの受難』アップしました。


   インデックス・作品紹介
  初めてのお方はどうぞ。このブログ内の小説ラインナップが一目でわかります。


  キャラ紹介
  小説のキャラ紹介です。「100の質問!」コーナーもあります。お時間のある方はぜひ


  KIKI歌野の日記
  皆様へのお知らせとかお礼とか言い訳とか、いろいろ書いてあります。


  ツイッター
  キャラなりきりつぶやきもやってますので、小説を気に入ってくださった方なら
  楽しめると思います。ぜひのぞいてくださいね(現在停止中・・・ごめんなさい)



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーン・グリーン(7)
「んっ・・ん」
 目尻からこめかみにかけて涙の筋が光っている。一心不乱にディープキスを返してくる顔を見つめながら、指を動かし続けた。
「直己・・ひぁっ、あっ、あんっ・・あっ!」
 直己は指をすっと引き抜いた。「あっ、いや!」と抗議する香枝の体をうつ伏せにさせ、腰を持ち上げる。
「お尻もっとあげて」
 香枝は息を切らせながらその通りにした。形の良い尻のなまめかしい白さは、幾ら鑑賞しても足りないほどだ。直己は赤く膨れた秘部にキスをしながら指先を這わせた。クレパスに沿って前後に動かし、焦らすようにゆっくりと中に埋めていく。指をぐるりと回転させると、開いた亀裂から愛液が溢れ出した。
「あっ・・」
 香枝はもどかしそうに腰を動かした。
「は・・い、いや・・お願い・・もっと」
「もっと?」
「激しく・・して」
 彼女の全ての感情のなかで欲情が頂点に立つ瞬間を、直己は見つめていた。つられて煽られる興奮を抑制しながら、再び指の愛撫を与える。柔らかな肉をこんなに滅茶苦茶に犯していいのかと思うくらいに激しく。もう片方の手を前に回してクリトリスをキュッと摘むと、香枝が悲鳴をあげた。
「きゃああっ! ああっ・・あ、あっ!」
 半ば無意識なのだろう、香枝は自ら腰を動かしていた。
「あっ、あんっ、んんっ! イッちゃう・・もうイッちゃうっ・・・」
 やばい。入れたい。
 そう思ったのとほぼ同時に、香枝が絶頂に達した。股間がヒクヒクと動き、直己の手のひらに蜜を垂らした。彼女の体から力が抜け、ベッドに崩れ落ちる。直己も横たわると、正面からその体を抱き締めた。
「あっ・・は・・」
 香枝の痙攣はしばらく止まらなかった。直己の脚に自分のそれを絡ませ、体を擦りつけてくる。直己はびしょ濡れの指を香枝に見せつけるように開いてペロリと舐めた。香枝の唇の前に指を持っていくと、彼女は口腔に含んで蜜を舐め取った。
「旨い?」
 性感に浸っている香枝からの答えはない。再び勃起したペニスを手に握られ、ねっとりと摩擦される。直己はしばらく指の感触を楽しんでから、ベッドの脇のサイドテーブルに片手を伸ばし、前回置いていった避妊具を取り出した。袋を破ってかぶせると身を翻し、彼女の中に体ごとのめり込ませるように挿入した。達したばかりの香枝は小さな声をあげた。
「あ・・直己・・」
「香枝」
 名前を呼ぶと愛おしさがこみあげる。困ったことにその感情は処理不可能なほど大きい。額や瞼、鼻先にキスをした。もちろん唇の上にも。
 長く繋がる、ゆったりとした行為が続いた。香枝を起こして座位で動き、動きをとめては抱き合ってキスに没頭した。既に一度欲望を満たしていたせいもあるが、性的刺激よりも流れ出る感情をより優先させていた。
「あ・・」
 ゆるやかに腰をくねらす香枝の吐息は、だが熱さを増している。柔らかく直己を包んでいた彼女の内部が、再び目覚めたような収縮を始めた。直己は彼女の腰を掴み、下から突き上げた。
「あ・・んっ!」
「動いて、香枝」
「あ・・あっ・・」
 直己の突き上げに合わせ、香枝が腰を振る。まだ座位に慣れていないので少しぎこちないが、それがかえって色っぽい。
「んっ・・あ・・気持ちいい・・ジンジンする・・」
 香枝は直己の背後の壁に両手をつき、息を弾ませながら動いた。眼を閉じ、性器の摩擦から来る快感に一心に集中し始めている。そのひたむきな没頭に魅了させられる。あの秋の日のエロティックな後ろ姿が、一瞬オーバーラップした。
「やっべ、気持ちいい・・・」
 直己は後頭部を壁につけて息を吐いた。熱いヒダに擦られた股間が疼く。抑制していた興奮が殻を破って暴れ出し始めた。のけぞった喉仏すれすれのところを香枝が舐めた。直己が笑うと、香枝もクスッと笑った。熱情が溢れて泣き出しそうな表情が、その笑みの上を掠める。直己はキスをしながら、互いの快楽をクライマックスに導くために、彼女をベッドに倒していった。
「好き・・」
 香枝が呟いた。
「直己が好き・・馬鹿みたいに・・・イヤに、なっちゃう・・くらいに・・」
 香枝の眼に涙が湧いた。頭上に眩しい陽光があるかのように手の甲を眼に当てる。直己はその手をベッドに押し付けて握り締めた。額と額をつけ、彼女を宥めることのできる唯一の言葉を発した。スとキを組み合わせただけで背筋が泡立った。直截的な「愛の言葉」だけは、どうしてもハードルが高くて困る。だが香枝はその言葉を聞くと、直己に抱きついた。
「いくよ・・・」
 直己は動き始めた。香枝の華奢な骨盤を揺さぶって声をあげさせながら、彼女の熱い内部に掴まれ、引き込まれ、抱き締められる。二人とも喘ぎが止まらなくなる。
「あっ・・直己、んっ・・すごい・・あ、あっ!」
 膣の収縮が一層激しくなり、香枝がもうイキそうだとわかる。数分後に香枝は絶頂に達し、少し遅れて直己も後に続いた。
「香枝・・」
 彼女の名を呼び、腕の中に抱き締める。その名の通り、若木の枝のような体にいい香りのする香枝を、直己はずっと抱き締め続けていた。



 六月第二週の週末は小雨だった。
 生温かい気温のその午後、直己は自分の部屋でうたた寝をしていた。ベッドに寄りかかり、フローリングの床にコットンパンツの脚を投げだしている。右手は携帯電話を握ったままだ。さっき受付嬢から『今日は三宅クンと初デートです。超ドキドキ。中学生に戻ったみたい』というメールが来た。『クン付けとか気色悪い』と短い返信をして携帯を閉じると、ほどなく睡魔が襲ってきた。
 両方の前足で直己の右の脛を抱え込んで寛いでいるのはビアンカ、直己が溺愛する実家のチワワだ。昨日妹が「一日だけ預かって」と置いていった。
「ビアンカ・・ビアンカちゃん、おいで・・・疲れてるんだから邪魔しないで」
 香枝の声がする。最初は優しく囁いていたが、次第に声音が低くなってきた。
「どーして来ないわけ? 直己にばっかりくっついちゃって感じ悪いなもー」
 うたた寝している直己は、うたた寝する香枝を夢の中で見ていた。
 初めて彼女を抱いた、あの四月の深夜。
 新しい企画を思いつき、書きとめようと急ぎ足で会社に戻った夜、香枝はきっとまだ会社にいるだろうという予感がした。無人の夜を歩く直己の額を、胸騒ぎを呼び起こす風がざわざわと撫でていた。
 彼女は会社のソファで四肢を折り曲げて眠っていた。たった今まで奮闘していたと思われる直己の資料を枕にしていた。敵対視していた直己が企画した仕事を、プライドを呑んで遂行しようとする籾山香枝は尊敬に値する働き手だ。だがその寝顔は微笑を誘うほどにあどけない。直己は悪戯心を起こし、携帯で彼女の写真を撮った。ジャケットを脱ぎノースリーブの上半身にかける。向かいの椅子に腰かけるとノートパソコンを膝の上に開き、この夜のように静まった心で彼女を見つめた。
 直己は「君」という二人称を普段使わないし、アーティストの歌詞以外ではあまり耳にすることもない。だがそのときはなぜだかそれを使いたい気分だった。

 俺は、君が好きだ。ずうっと好きだった。だから今夜君を抱き、何かを変えようと思う。君の眼が覚めたときに。
 
 直己はキーボードに企画書の最初の文章を打ち込みながら考える。なぜ自分はこんなに幸福な気分でいるのだろうと。眠っている彼女の前で仕事をしているだけなのに。彼女をまだ抱いてもいなければ、好かれてすらいないのに、なぜ既に幸福なのだろうと訝った。
「直己・・ベッドで眠ったほうがいいよ」
 香枝の手が髪に優しく触れた。夢でも過去でもなく、現実の彼女の手だ。直己は我知らず微笑んでいた。季節は本格的な夏に向かおうとしている。今の自分の眼の色は何色だろうか・・・。香枝の手を、指を意識しながら、直己は深い眠りへといざなわれていった。


(おわり)





スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kikiutano.blog134.fc2.com/tb.php/14-968895d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。