FC2ブログ
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 0

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

KIKI歌野

Author:KIKI歌野
物書き(♀)です。アダルト表現を含む物語もありますのでご注意ください。ふと訪れた方々が楽しんでくださればうれしいです。
コンテンツの無断転載は一切お断りいたします。

メッセージ

コメ欄を閉じていますので、ご意見、ご感想、ご連絡などございましたら、こちらまでお願いいたします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

KIKI歌野の、たあいないものがたり
小説を書いています。官能を含む恋愛小説、普通の小説をぼちぼち載せていきます。たぶんまあまあ面白いです(つまんなくても暖かい目で見守ってください・・笑)


  NEW!!☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 2012年8月
 直己×香枝の最新作『パーフェクト・ビューティー・オブ・ライフ』アップしました。

 ゴメンナサイ、今回は有料コンテンツですが、(1)のみ無料で試し読みしていた
 だけます。

  皆様から寄せられたご感想はコチラ → ★★

 
 2010年11月
 直己×香枝の第四弾『ラヴァーボーイの受難』アップしました。


   インデックス・作品紹介
  初めてのお方はどうぞ。このブログ内の小説ラインナップが一目でわかります。


  キャラ紹介
  小説のキャラ紹介です。「100の質問!」コーナーもあります。お時間のある方はぜひ


  KIKI歌野の日記
  皆様へのお知らせとかお礼とか言い訳とか、いろいろ書いてあります。


  ツイッター
  キャラなりきりつぶやきもやってますので、小説を気に入ってくださった方なら
  楽しめると思います。ぜひのぞいてくださいね(現在停止中・・・ごめんなさい)



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラヴァーボーイの受難 (5)
 午前二時半、音を立てないように玄関のドアを開けると、室内はまだ明るかった。キャミソールにショートパンツの夏用パジャマを着た香枝が、とことこ玄関まで出てきた。やや照れ臭そうな「仲直り」用の微笑みを浮かべている。
「おかえり」
「なんだ、寝てりゃいーのに」
「さっきまで寝てたんだけど目が覚めちゃった。横浜どうだった?」
 回収したシューズを入れた紙袋を右手で掲げてみせると、香枝は「やった! 返してくれたんだ」と柏手を打った。
「相当膨れてたけど何とか。まあ確かに新シューズにも問題はありそうなんで、さっさと解決しねーと」
 説得は二時間に及んだが、説得し切れたかどうか自信はない。つまるところメーカーと選手が固い信頼関係を築き上げる他に、本当の意味での解決はありえないのだ。
 同行した担当者は今回の件で凹んでしまい、相談に乗っていたら「宇田川さんにはわからないっすよ」と、おかっぱヘアと同じ台詞で逆ギレされた。超能力者じゃあるまいしわかるわけねーだろ、大体俺こういう相談窓口業務は向いてねーんだよ、と心で叫びながら二時間以上相手をしたので、ほとほと疲れ果ててしまった。
「お疲れ! ね、ビール飲もうよ。キンキンに冷えてるよ」
「その前にこれ」
 ビジネスバッグから取り出したUSBを渡すと、香枝の眼がまんまるに見開かれた。
「え? なんで? どこにあったの?」
「あるべきとこにあっただけ。もう嫌がらせはねーから安心しな」
 質問を継ごうとする香枝にそれ以上聞くなと眼で制した。汗まみれの体をシャワーで流した後、ソファーに並んでコロナの瓶を傾けた。
「一つだけ聞かせて」
 ビール瓶をティーテーブルに置いて、香枝が言った。
「どんな人だった? USB返してくれた人」
 「返してくれた」という言葉選びが直己を微笑ませた。
「お前になりたがってた」
「あたしに? でも直己のことが好きなんだよね」
「誰だって誰かのこと好きっしょ」
 答えになっていない。コロナは小瓶なのであっという間に飲み干してしまい、大あくびをすると香枝が腕に触れた。
「ベッドいこ」
「平日っすよ?」
「バカ、直己全然寝てないでしょ。だからもう・・あ」
 香枝の腕を掴んでソファーに倒し、上にのしかかった。キャミソールの肩紐を人差し指に引っかけて弄び、つい笑ってしまう。
「じゃなんでこんなエッチなパジャマ着てんの」
「エッチじゃないよ、暑いんだもん」
「脇からおっぱい見える」
「見えるわけないじゃん嘘つき」
 香枝は屈託なく笑い、「ね、お握りの中身当てた?」と直己の顔を両手で挟んだ。質問に答えるかわりに唇にキスをし、キャミソールの上から乳房に触れた。胸の谷間に顔をすっぽり埋めると、香枝の両腕が背中と首筋を優しく抱いた。気持ちいい。疲れ切った頭を安置するのにちょうどいい枕があるだけで、女は偉大だと思う。あっという間に眠気のマントが背中に覆いかぶさってくる。
「・・・香枝」
「ん?」
「香枝ちゃん」
「ちゃんって」
「疲れた」
「そっか」
 香枝は直己の頭を撫でた。
「無理しすぎだよ。なんでも一人で解決しちゃうんだもん」
「しかも勃った」
 この勃起は、疲労と睡魔が激しすぎるせいだ。香枝はクスクス笑いながら直己の肩を押して体勢を変え、上になった。右手がスウェットパンツと下着の中に潜り込み、そそり立ったものを柔らかく握り締める。
「・・・したい?」
 したいような、このまま寝てしまいたいような。
「してあげる・・・寝てていいよ」
 白い歯を垣間見せて微笑んだ表情が途方もなく魅力的に見え、悲しみと混同するほどに胸が締めつけられた。ゆっくりと動かす手はしなやかに巧みで、直己の性感を熟知している。やがて香枝は頭の位置を下げ、露出させたペニスを口に含んだ。唇と舌で長い愛撫を与えてから身を起こし、パジャマを脱いで繋がった瞬間、小さな声をあげた。直己は目を閉じた。生来コントロール癖が強いので相手任せは嫌いなのだが、今だけは香枝の温かさに身をゆだねていたい。高まる快楽に吐息をつくと、「色っぽい顔」とからかわれ、お株を奪われた可笑しさに笑みが漏れる。射精したらすぐさま眠ってしまうだろう。閉じた瞼の裏に、黒々とした濁流が流れている。
 無理しすきだよ。
 香枝の台詞が、頭の中でリピートした。
 無理なんかしてねーよ。
 お前のためなら、お前が笑ってくれるなら、俺は何でもかんでもやらずにはいられねーみたいなんだよ香枝。要するに今の俺は、お前の奴隷みたいなもんだ。拷問されたって言わねーけどさ。そんな小っ恥ずかしい事は。
 直己は眼を開け、香枝を引き寄せてキスをした。自分が上になり、最後はなんとかこっち主導で事を終えてベッドに移動し、抱き合いながら「香枝」と呼びかけた。もう半分がた夢の世界に足を突っ込んでいた。
「俺と一緒に暮らして」
 往生際が悪い。わかっていてもこの口は止められない。
「離れて暮らしたくない・・・一緒にいて欲しい」
 断られるに決まっている。
 香枝の返事を待たずに、直己は眠りに落ちた。
 目覚めると、カーテン越しの朝日が東の小窓から光を射し入れていた。眼の前の香枝の眼はもう開いている。自然発生的な微笑みが、涼しい目元から白い顔全体に広がっていく。
「直己と一緒に暮らしたい」
 香枝はそれだけを囁くと、直己の背中を抱きしめた。


 ひと月後の九月下旬の日曜日、香枝の全ての荷物が運び込まれると、二十畳のワンルームは見る影もないほど狭くなった。双方協議の上、家電製品を含む大量の不用品を人にあげたり捨てたりしたのだが、数年の一人暮らしを経た二人分の荷物は、なまなかな量ではない。香枝の家具、本、服、食器、雑貨。彼女の生活が彼女と共にやってきた。直己はこの上なく満足だった。
「この部屋って喧嘩したとき逃げ場がないよね」
 香枝が首をぐるぐる回しながら言った。
「ジャンケンで負けたほうが家出すりゃいんじゃね? つっても俺ジャンケンで負けたことねーけど」
「嘘。そんな人いるわけないじゃん」
「試してみ。はい最初はグー」
 勝負をしかけると香枝はすぐに乗り、直己はグーで香枝はチョキだった。
「え、なんで? もう一回」
「何度やっても同じだよ。そーいえばお前、マーケの三羽ガラスにバラしたっしょ? 一緒に住むって」
「言ってないよ。言ってないけど知ってたの。いつ招いてくれるんのって聞かれたよ。めちゃくちゃ楽しそうに」
「一生招かねーって言っとけ」
 荷物の片付けと掃除が終わると、香枝と一緒に絶品炭火焼きハンバーガーを出す店で遅いランチをとった。体力仕事の後でビールを飲んだので、香枝は眠そうだ。映画に行きたいと言っていたのに、部屋に戻るとソファーでコトリと寝入ってしまった。
 直己はコーヒーを淹れ、ノートパソコンを開けて仕事のメールをチェックした。百件以上たまった未読メールの中に、おかっぱヘア神田からのメールを発見した。
『提案書を書くのは生まれて初めてなので、見てもらえないでしょうか。違う部署の宇田川さんに頼んで申し訳ありません。でも頼るのはこれが最初で最後です。 神田』
 直己はマグカップを置いて添付の文書をざっと読み、突っ込みどころに事務的なコメントを挿入して送り返した。「罪作り」と言われてはかなわないので、温かく励ましたりはしない。
 ふと思い出し、パソコンデスクの引き出しから、グレーのビロードの小箱を取り出して手の平に乗せた。引越祝いに今日渡すつもりで、デスクの奥に仕舞い込んでいたのだ。
 日曜のテレビを観ていた香枝が『これ欲しいな』と洩らした指輪がどこの店のものかわからなかったので、直己は悪友女子に電話をかけて聞いた。あいにく同タイプの指輪は品切れで、似たテイストのものになってしまったが、ペアリングを欲しがったことを、香枝はまだ覚えているだろうか。
 まず自分の左手の薬指にはめる。婚約未満のカップルなら右手の薬指が常道かもしれないが、噂好きな同僚と会わない週末くらいは左手でもいいだろう。香枝の傍らに膝をついて左手を取り、そっとはめてみるとサイズはぴったりだ。天下泰平な顔で寝入っている。いつ目覚めるだろう。三十分後か、一時間後か。指輪に気付いたとき、彼女の最初の言葉は何だろう。表情はどんな風に花開くだろう。
 映画などより百倍も価値のあるその瞬間を間近で鑑賞するため、ノートパソコンを手に、ソファーを背もたれにして床に座った。今の自分はきっと、悪戯の首尾を見守るガキみたいな顔をしているに違いない。
 開け放した窓から入ってきた午後の微風が、香枝の髪を遠慮がちに揺らした。髪先がふわりとそよぐ額にキスをしてから視線をパソコン画面に落とし、直己は唇に微笑みを残したまま仕事のメールを打ち始めた。

(おわり)



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント
いゃ~っ♪
KIKI様っ!!!

KIKI様がこの世に送り出した続編、素晴らしい、素敵という言葉で片付けてしまうのにはもったいなさすぎるくらい、本当に、虜になりました(*^o^*)

直己の香枝を守りたいがために一人で頑張りすぎる姿にキュンキュンでした♪

直己が香枝に同棲の同意をもらえての終わり方も、こちらまで幸せな気持ちになりました!

素敵な続編をありがとうございました♪
[2010/11/05 21:17] URL | りかみぃママ #- [ 編集 ]

カッコ良すぎますっ
読ませていただきました。
カッコいいですねぇ。やっぱり(笑)
あしらいが的確すぎて有り得ないって思うものの、そこがストーリーのキーポイントになっている感じで素晴らしいです。
こんなカッコいい男、身近で眺めていたいもんです(笑)
香枝ちゃんも可愛いし、カッコいい。
やっぱ、二人は最強っすね♪

執筆お疲れ様でした。そして楽しませていただいてありがとうございました。
[2010/11/05 21:53] URL | あやぴゃん #B7YhRyck [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/11/05 22:05] | # [ 編集 ]


素敵な作品でした。

「逢魔が時の電話ボックス」で感じた恐怖が、途中からひたひたと蘇ってきたけれど。籾山と宇田川、この二人の太陽のような明るさ、一生懸命さ、力強さが神田さんの毒を洗い流してくれたような気がします。

悪意が自分や大切な人に向かってきたとき。自己防衛だけではなく、大輔のように相手に隙を与えるような「罪作り」なこともせずに、宇田川のようにより良いゴールに向けて力強く進んでいけるようでありたい。周りを巻き込みながら。

そんな風に思いました。ありがとうございました。
[2010/11/05 22:09] URL | さやか #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/11/05 22:13] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/11/05 22:19] | # [ 編集 ]


すごくよかったです。直己たまらん!香枝が羨ましいなぁ。
[2010/11/05 22:21] URL | mimi #- [ 編集 ]

はじめまして
先月ひさーしぶりにケイさんのところをのぞいたらKIKIさんが投稿されていてそこからすっとんできました!
私はやっていないんですがtwitterも拝見させていただいてます。
お話はもちろん100の質問やつぶやきも、直己×香枝は読んでいてとても幸せな気持ちになります(*^_^*)
お仕事や体調面で大変かとは思いますが、これからもKIKIさんのつくる物語を読ませてもらえたら嬉しいです。
[2010/11/05 22:29] URL | ssk #jgJNn0FY [ 編集 ]

感動しました
沢山の方々と同様になってしまうであろう、陳腐な感想しか書けない自分の語彙力が呪わしいですが。 良かったです。
十分、プロポーズシーンありましたよ!!しかも、まさにこの2人らしい、 ドキドキシーンでした。ありがとうございます!!
[2010/11/05 23:15] URL | さっちぃ #- [ 編集 ]

素敵でした☆
めっちゃよかったです^^

直己の性格が、香枝と付き合ううちに少しずつ(笑)丸くなっていってる気がしますね~

ラストも本当に絶妙!
新作アップなさったばかりなのに、既に次を想像してしまいますよ…二人にはとびきりの幸せを掴んでほしいです!

色々と大変でしたでしょうが、素晴らしい作品をありがとうございました
これからも応援します☆
[2010/11/06 00:12] URL | はるか #SHQZUy5Q [ 編集 ]


初めまして☆
「天敵と、、」の時からずっとファンで、作品拝見しています!

続編楽しみにしてました。拝見して、さらに直己と香枝ちゃんが大好きになりました♪

直己は、本当理想ですd(^_^o)

ありがとうございました!
[2010/11/06 01:28] URL | みほこ #- [ 編集 ]

楽しかったです!
スランプとはいえ、完全度が高くて素人の趣味範囲じゃないです!
同性として
香枝の可愛らしさが羨ましい!!! 大人だなぁ~としみじみ読んでました
[2010/11/06 03:38] URL | みか #- [ 編集 ]

毎度素敵です
読み終わっちゃった‥‥‥‥。
好きすぎて、読み終わりたくないんです。

まだまだ読んでいたい~♪


ものすっごーく良かったです!!


直己が香枝のことを「口説く」シーンはほんとにどれもこれもいい☆

いつまでも直己が香枝を口説いてくれますように!

ほんとにすてきでした♪
誉め殺したいくらい!
[2010/11/06 04:11] URL | リリー #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/11/06 04:54] | # [ 編集 ]

ありがとうございます!
コメントを下さった皆様、ありがとうございます! とても嬉しいです。
ツイッターにもさきほど書きましたが、実際今回は本当に四苦八苦でした。
でも待っていてくださる皆様の優しい励ましに支えられ、こうやってアップできただけで「よし、よくやった」と自分の頭をなでてあげていますw
本当にありがとうございます。
[2010/11/06 08:46] URL | KIKI歌野 #- [ 編集 ]


歌野さんのこのシリーズがむっちゃ好きです。
スピンオフ?のも好きでしたが…

もう出版してほしいですよ!
webに載せとくのもったいない!
[2010/11/06 09:39] URL | K #- [ 編集 ]

ようやくようやく…
夕まぐれ・ラヴァーボーイまとめて読めましたー。
いやぁ、どのテイストも読んでて楽しいです。エンタメ欲が発散されていくのを
心底感じますv直己のお説教、身にしみます(><;)もっと仕事ガンバロ…。
そして香枝ちゃん、かわいいなぁ。同性からみても可愛い。。
夕まぐれの記事にもまた改めてコメントしたいです。
昼休みが終わるのでひとまずこれにて。。
[2010/11/06 12:46] URL | あさ #pwutJTUc [ 編集 ]


いい!!
もう、全てが素晴らしい!!
香枝ちゃんになりたい!!(笑)

あー、すごーく幸せ気分。
[2010/11/06 13:53] URL | かおるな #- [ 編集 ]

最高!
ひー、このシリーズ、たまらなく好きです。

おにぎりのくだり、最高にツボ。。香枝ちゃん可愛いすぎます。
KIKIさん、ありがとう!
[2010/11/06 15:36] URL | きゅん #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/11/07 00:34] | # [ 編集 ]

さわやか~
一気に読ませてもらいました。
普段のクールな直己からは想像出来ない位  香枝への想いが深くて 一途な少年になってしまうとこも大好きです。
関西に住むものとしては 『たこ焼き』しか食べてないのを知り、やっぱり残念 笑
次回の出張は 神戸にリクエストしたいです。。M^^M
でも 直己の「めちゃくちゃ楽しかった」を 聞けて 今回のお話のすべてが幸せに包まれました。
また 読み直して 幸せを わけて貰おうかな・・・
有難うございました。
[2010/11/07 07:32] URL | あんじゅ #SFo5/nok [ 編集 ]

待ってましたぁ~
ずっと待ってました。
すごく面白かったです。
そして、また、続きを待っています。
このシリーズ・・・完結させないでね(笑)
[2010/11/07 18:52] URL | いちご #- [ 編集 ]

是非ドラマ化を...
kikiさま

今回もステキな作品で、もう一気に読んでしまいました。

直己も香枝ちゃんも大好きなので今回のラスト、よいです~~

前回の終わりから続いてる感じも続編っぽくて、気になっていたから
スッキリしました。
マーケの三人のあしらい方も最高だし、嫌がらせの対処も完璧。
直己ってホントに理想男子ですよね。

うっかりドラマ化期待しちゃうのはワタシだけでしょ~か?
[2010/11/07 22:58] URL | はぴ #- [ 編集 ]

はうぅ~(≧∇≦)
来ました来ました!!(;∇;)/久々のキュンキュンですよ!!!! くぅ~o(≧∇≦)o
キキ様の他の作品ももちろん好きなのです。でも、色々と考えてしまいなかなかコメントまで至ることができず…スミマセン↓

純粋にキュンキュンでき、とても嬉しいです!!今回も直己くんの香枝ちゃんへのラブラブっぷりが素敵ですね。また、彼のすべてをクリアしていく「デキる男」っぷりも惚れます(*^o^*) そして何より、香枝ちゃんに「一緒に暮らして」と一途にアタックする素直さが、彼の勝因ですね!!世の男性は見習うべし(笑)

香枝ちゃんのおにぎり攻撃もスゴい…(;∇;)まずおにぎりを作るのがエライ!! そしてなぜあんな男心をくすぐるセリフを書けるのか…やはり女もカワイく振る舞わなきゃなりません!香枝先生に学ばねば(≧ε≦)

犯人(失礼)の女の子も、他の作品に見られるキキ様の深さが出ていて、すごく良かったです。そりゃあ香枝ちゃんがいたら妬くよ… 気持ちわかるなあ~。でも行動に出す度胸は私はないなあ(笑)


楽しませて頂き、ありがとうございました!
お体に気を付けて、ぜひぜひマイペースで細長~く続けて頂きたいです。応援してます!!
[2010/11/08 01:06] URL | かおりん #6sKKLMP2 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/11/08 11:18] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/11/08 22:10] | # [ 編集 ]

最高!!
ありがとうございました!!
今日までで何度読み直したことか。。。
胸キュンな気持ちを何度も何度も味わいたくて
最初(天敵~)からも3度読み直しちゃいましたv-238
直己の香枝に対する気持ちが
なんともいえないくらいあったかくて
いつも直己に包み込まれてるような香枝が
ちゃんと直己を包み込んでる…
これって理想の2人ですよね
KIKI歌野さん
お疲れ様でした
ちょっとゆっくりのんびり休んでくださいね
そしてこれからも
マイペースで色んな小説を書いて下さい
楽しみにしています
[2010/11/09 10:08] URL | みなと #hqbY.pus [ 編集 ]


香枝さんのような、仕事ができて、可愛い人になりたいと常々思います。
[2010/11/10 21:16] URL | #- [ 編集 ]


素敵な小説をありがとうございます。
直己と香枝のような恋愛をしたいと 切なくなるほど思うのですが
既婚者でして・・。空想の世界で 両方を演じてます(笑
世界に引きずり込まれる心地よさを久々に実感して
いる今日この頃です
[2010/11/12 14:19] URL | riri #- [ 編集 ]

ありがとうございました
お忙しいなか
続編を書き上げてくださり
本当にありがとうございました。
物語の内容も表現力も
とっても大好きです!!

感動をありがとうございました。
[2010/11/23 12:33] URL | さくら #- [ 編集 ]

素敵♡
萌木さんのところからきました
KIKIさんの作品は本当にどれも好きです
はらはらドキドキして、心が温まって
こんな作品ばっかり掛けて本当にすごいと思います
書籍化しても絶対にHITしそう
香枝と直己の最強コンビ本当に好きです
これからも大変だと思いますが是非、
色んなお話を書いてください。
[2011/02/27 18:31] URL | 静海 #- [ 編集 ]

すごいです!
最近KIKIさんの小説にたどりついたんですが、このシリーズが特に好きで、
もう20回ほど読み返しました(笑)

私も二人と同じような境遇で恋愛をしているので、感情移入しやすく、
でも二人が羨ましく……笑

ぜひ、またこの二人のシリーズが読みたいです♪
[2011/05/06 23:11] URL | み★ #7yu2AX4I [ 編集 ]


全く更新やコメントの承認がなくなってしまって久しいのですが、KIKIさんお元気にされていますか。心配しています。
[2011/05/22 07:25] URL | きゃろ #- [ 編集 ]


何度読んでも表現力や内容が素晴らしく、大好きです。

お忙しいと思いますが、また違う話しやその後の二人の話しを書いて下さいね。

電子書籍化(書籍化)していただけたら良いんですが…。
大好きな作家さんが出来て嬉しいです!!
[2011/06/19 10:49] URL | #- [ 編集 ]


ほぼ、毎日のように拝見しています。
もう、台詞も覚えてるほどです(笑)

官能が入ってる部分はドキドキしますが、官能以外のストーリーが大変素晴らしく、何度読んでも飽きません。
少ないけど、いくつかこの手の官能小説を拝見しましたが、歌野さんのこのシリーズがいちばん好きです。

直己と香枝のキャラもサイコーです。
ギャップ女子は本当に魅力ですね(〃^ー^〃)
直己のような、強気なタイプのSキャラで目立つタイプも憧れます。

今後はどんな展開だろうと妄想するのも楽しいです(笑)

お体に気を付けてお過ごしください<(_ _*)>

[2012/03/09 13:56] URL | ゆみ #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/05/19 07:02] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kikiutano.blog134.fc2.com/tb.php/141-5d07ac23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。