FC2ブログ
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 275

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

KIKI歌野

Author:KIKI歌野
物書き(♀)です。アダルト表現を含む物語もありますのでご注意ください。ふと訪れた方々が楽しんでくださればうれしいです。
コンテンツの無断転載は一切お断りいたします。

メッセージ

コメ欄を閉じていますので、ご意見、ご感想、ご連絡などございましたら、こちらまでお願いいたします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

KIKI歌野の、たあいないものがたり
小説を書いています。官能を含む恋愛小説、普通の小説をぼちぼち載せていきます。たぶんまあまあ面白いです(つまんなくても暖かい目で見守ってください・・笑)


  NEW!!☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 2012年8月
 直己×香枝の最新作『パーフェクト・ビューティー・オブ・ライフ』アップしました。

 ゴメンナサイ、今回は有料コンテンツですが、(1)のみ無料で試し読みしていた
 だけます。

  皆様から寄せられたご感想はコチラ → ★★

 
 2010年11月
 直己×香枝の第四弾『ラヴァーボーイの受難』アップしました。


   インデックス・作品紹介
  初めてのお方はどうぞ。このブログ内の小説ラインナップが一目でわかります。


  キャラ紹介
  小説のキャラ紹介です。「100の質問!」コーナーもあります。お時間のある方はぜひ


  KIKI歌野の日記
  皆様へのお知らせとかお礼とか言い訳とか、いろいろ書いてあります。


  ツイッター
  キャラなりきりつぶやきもやってますので、小説を気に入ってくださった方なら
  楽しめると思います。ぜひのぞいてくださいね(現在停止中・・・ごめんなさい)



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌う、愛する、踊る、生きる
久々の日記です。


私には整理整頓能力が欠如していて、本棚とかもしっちゃかめっちゃか状態なのですが、先日そのカオスのなかから一冊の本を発見したので、ちょっとそのことを書こうかなーと思います。


それは「知覧特別攻撃隊」というタイトルの薄い本で(薄いわりに1000円もする)、五年前に鹿児島の「知覧特攻平和会館」に行った際に買ったものです。

この「知覧特攻平和会館」を御存じの方って、どのくらいいるんでしょうか?

第二次世界大戦時の、特攻隊員の日記や遺書、遺品などが展示してあり、気軽な気持ちで入館した人も号泣しながら出てくるという恐ろしい場所で、私も相当のダメージを負ったのですが、「この歴史決して忘れまじ」と決意した証として、この本を東京に持ち帰ったのでした。


特攻隊については御存じの方がほとんどだと思いますが一応書きますと、昭和二十年春から終戦間際にかけて決行された、前途ある若者を爆弾搭載機にのせて敵艦に体当たりさせる、という狂気の作戦です。

すでに日本の敗戦色が濃く、絶望的な戦況を挽回しようと軍部が強化した作戦なのですが、命を拝した隊員は十代後半から二十代前半の若者がほとんどで、わずか100日あまりの期間に4400名もの戦死者を出しました。

隊員は250キロもしくは500キロ爆弾を搭載した、おんぼろの飛行機に乗り、「一機一艦」を合言葉に、沖縄の米国艦隊を轟沈せんと出撃していったのですが、目的を達した機は一割にも満たず、ほとんどが米艦に撃ち落とされ、バラバラに砕けて南洋の海に落ちて行きました。


隊員は皆、ほがらかに笑って機上の人になったといいます。

出撃の前夜、涙で枕を濡らした隊員もいたそうですが、翌日には明るい笑顔になり、「今までお世話になりました。行ってまいります」と見送る人々に手を振り、死出の旅に飛び立っていきました。


そんな彼らの遺書や日記の一部を紹介してあるのが、この「知覧特別攻撃隊」という本です。


「この度大命を拝し、大和男子の本懐であります。一機一艦必ず轟沈します」

「清く散って護国の神となります。父上、母上、どうぞ悲しまないで、よくやったと喜んでください。祖国に幸あれ」


という、祖国愛と軍国心に満ちた遺書がやはりとても多いのですが、家族にあてた手紙の切なさは、読む者の胸をうちます。

育ててくれた継母にあてた、十八歳の少年の遺書にはこうありました。


俺は幸福だった。
遂に最後まで『お母さん』と呼ばざりし俺。
幾度か思い切って呼ばんとしたが、何と意志薄弱な俺だったろう。
母上、お許しください。
さぞ淋しかったことでしょう。
今こそ大声で呼ばせて頂きます。お母さん、お母さん、お母さんと。



三歳と五歳の子供を残して逝った二十九歳の父親の手紙もありました。


父は すがたこそみえざるも、いつも おまえたちをみている。
よくおかあさんのいいつけをまもって、おかあさんに しんぱいをかけないようにしなさい。
そして おおきくなったなれば じぶんのすきなみちにすすみ りっぱな にっぽんじんになることです。
ひとのおとうさんを うらやんではいけませんよ。
おとうさんは、ふたりの おうまさんにはなれませんけれども なかよくしなさいよ。
おとうさんは かみさまになって ふたりをいつもみています。



二十二歳の大尉は、風景が眼前に浮かぶような言葉を書き遺しました。


あんまり緑が美しい。
今日これから死ににいくことすら忘れてしまいそうだ。
真っ青な空。ぽかんと浮ぶ白い雲。
六月の知覧はもう蝉の声がして夏を思わせる。
作戦命令を待っている間に、小鳥の声が楽しそう。
『俺もこんどは小鳥になるよ』 
日のあたる草の上にねころんで、杉本がこんなことを云っている。
笑わせるな。
本日十三時三十五分。
いよいよ知覧を離陸する。
なつかしの祖国よ。さらば。




鹿児島の知覧飛行場から目的の沖縄までは約650km、二~三時間の飛行だったそうです。彼らはその短い、人生最後の瞬間に、何を想ったのでしょうか。



幸せは旅であり 目的地ではない
踊りなさい 誰も見ていないように
愛しなさい 一度も傷ついたことがないように
歌いなさい 誰も聴いていないように
生きなさい 今日が最後の日であるように

 - Father Alfred D.Souza




これは「私の名前はキム・サムスン」という韓国のラブコメドラマで知った詩で、ツイッターでもちょっと書いたんですけど・・・・こういうふうに生きたいなあと思います。

ただ思ってるだけで実践はまだなんですけどw、五年ぶりに発見した本を読んで、改めてその想いを強くしたのです。


ところで日記っていいですね。

ちょっと恥ずかしくて口に出せないようなことも、さらさら書けてしまうし・・・。


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

知覧の特攻隊記念館、行ったことがあります。
自分の母親世代の女性が彼らの手紙を前に涙する姿を、今でも鮮明に思い出します。
私は、特攻隊員服に身を包み出動直前と思われる状況ながら、子犬を抱え上げ微笑む一人の少年の写真の前で動けなくなり、ただ涙だけが流れしばらくそのまま立ちすくんでしまいました。
現代の若い人には想像もつかない、まさに狂気としか言いようのない指令のもとに散っていった彼らを、また彼らだけではなく戦火で失われた全ての命を忘れてはならないと、私も切に思います。
[2010/11/26 02:44] URL | リラクマ #- [ 編集 ]

おはようございます
特攻隊の犠牲者がそんなに多いとは知りませんでした。
今では考えられないようなことですけど…そういう時代もあったということですよね。
忘れてはならない日本の歴史ですね。

毎日、ツイッターものぞいています^^
いつも興味深く、楽しいつぶやきをありがとうございます(笑)
もうすぐ11月も終わりですね。
お体に気をつけて、がんばってください!
[2010/11/27 07:25] URL | はるか #SHQZUy5Q [ 編集 ]

泣いてしまいました
こんにちは。歌野さんの小説が好きで(正直エロ部分より、非エロ部分が素晴らしすぎる)、こちらも定期的に覗いているのですが、今回の日記、不覚にも電車で何気なく携帯で読んでいて、涙してしまいました。

私が母になったからでしょうか。
戦争ものは苦手で今まで直視しなかったけど、忘れてはならない思いが、ありますね。
子供をもった今、戦争のない平和な世の中を作らなきゃいけないと強く思います。
[2010/11/27 20:20] URL | ひろ #- [ 編集 ]

ありがとうございます
リラクマさん、はるかさん、ひろさん

コメント有難うございます。
本に掲載された写真の多くが微笑んだものでした。整備工の話によれば「もう二度と帰ってこない人達とは思えなかった」といいます。尖閣諸島問題が良い例ですが、人々はあっというまに国家間の敵意を醸成させます。敵意は何も生まず、破壊に向かうだけということを肝に銘じたいとほんとうに思います。
[2010/11/28 13:44] URL | KIKI歌野 #- [ 編集 ]

おはようございます☆
お久しぶりです。嬉しいです♪

まだ子どもたちが寝ているので、真剣に読むことができました。そして、涙なしには読めませんでした。

子どもたちに真実を伝えていく役割があるんだなと改めて思います。

気が引き締まりました。ありがとうございました!
[2010/11/29 07:53] URL | りかみぃママ #- [ 編集 ]

Re: おはようございます☆
りかみぃママさん、ありがとうございます。
既に現代の私たちの多くは戦争を知らない世代になってしまいましたが、次世代へと真剣に受け継いでいきたいですね。
[2010/11/29 22:17] URL | KIKI歌野 #- [ 編集 ]


こんにちは。久しぶりの日記がアップされていて嬉しく拝見しましたが、
内容が胸に詰まり、思わずコメントさせていただきました。
知覧特攻隊記念館は初めて知りましたが、
去年NHKで放映された海軍反省会のドキュメントを思い出しました。
こうした一人一人の尊い犠牲の上に今があり、
そして、大切な人に愛や感謝の気持ちを伝えられる、
当たり前の(だと感じている)世の中があるのだと…。
考えるきっかけをくださりありがとうございます。
これからも楽しみにしています☆
[2010/11/30 10:56] URL | mimippi #I7DSw3PY [ 編集 ]

ありがとうございます
mimippiさん
ありがとうございます。ほんとうそうですね。に今は当たり前と思っていることがあり得ない時代があったということを、心の隅にとどめておきたいと思います。
[2010/11/30 22:10] URL | KIKI歌野 #kUmxy1yU [ 編集 ]

行ったことあります
知覧特攻記念館には行ったことがあります。
むしろ、そのために知覧にいきました。

広島や沖縄の記念館のように、相当な覚悟で足を踏み入れたのですが、やはり相当なショックを受けました。

死の旅路を待つ隊員さんの晴れやかな笑顔の陰にはどれほどたくさんの涙や、絶望が隠れていたのだろうと思うと、写真類は直射できませんでした。

富屋食堂の女将さんを慕い、後にホタルとなって帰ってこられた隊員さんのお話しが印象に残っています。

本当に、儚げに散ったたくさんの英霊の礎があるから今の私たちがいるのだな。
だから、頑張らなくちゃいけないなと思いました。


長々失礼しましたm(_ _)m
[2010/12/06 17:36] URL | ゆうゆ #- [ 編集 ]

Re: 行ったことあります
ゆうゆさん
ありがとうございます。
宮川さんのお話はたしか映画にもなっていますよね。宮川さんが予告した夜九時(でしたか?)にちょうど蛍が来たと聞きます。富屋食堂が今でも残されていることに、本当に感謝したい気持ちです。
[2010/12/07 22:25] URL | KIKI歌野 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kikiutano.blog134.fc2.com/tb.php/146-a1ad3fe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。