FC2ブログ
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 275

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

KIKI歌野

Author:KIKI歌野
物書き(♀)です。アダルト表現を含む物語もありますのでご注意ください。ふと訪れた方々が楽しんでくださればうれしいです。
コンテンツの無断転載は一切お断りいたします。

メッセージ

コメ欄を閉じていますので、ご意見、ご感想、ご連絡などございましたら、こちらまでお願いいたします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

KIKI歌野の、たあいないものがたり
小説を書いています。官能を含む恋愛小説、普通の小説をぼちぼち載せていきます。たぶんまあまあ面白いです(つまんなくても暖かい目で見守ってください・・笑)


  NEW!!☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 2012年8月
 直己×香枝の最新作『パーフェクト・ビューティー・オブ・ライフ』アップしました。

 ゴメンナサイ、今回は有料コンテンツですが、(1)のみ無料で試し読みしていた
 だけます。

  皆様から寄せられたご感想はコチラ → ★★

 
 2010年11月
 直己×香枝の第四弾『ラヴァーボーイの受難』アップしました。


   インデックス・作品紹介
  初めてのお方はどうぞ。このブログ内の小説ラインナップが一目でわかります。


  キャラ紹介
  小説のキャラ紹介です。「100の質問!」コーナーもあります。お時間のある方はぜひ


  KIKI歌野の日記
  皆様へのお知らせとかお礼とか言い訳とか、いろいろ書いてあります。


  ツイッター
  キャラなりきりつぶやきもやってますので、小説を気に入ってくださった方なら
  楽しめると思います。ぜひのぞいてくださいね(現在停止中・・・ごめんなさい)



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石原都知事と青少年健全育成条例 (2)
今回の改正案の第七条に、このような一文があります。


「青少年に対し、性的感情を刺激し、残虐性を助長し、又は自殺若しくは犯罪を誘発し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの」


あの、この文いくらなんでも曖昧に過ぎやしませんか? なんか白い霧の中を歩いているような。

メディアでは「法令に触れる性的表現などを過度に含む漫画やアニメの規制」「過激な性的表現の規制」という表現が強調されているようですが、実はそれ以外のものも規制対象になるということです。解釈によっては何でもかんでも「不健全図書」にカテゴライズされてしまいかねません。しかも条例は過去の作品にも遡及するため、日本が培ってきたマンガ・アニメのカルチャーを根こそぎ変容させるほどのインパクトが、この一文にはあると思います。


たとえば、ボーイズ・ラブ(BL)と呼ばれるジャンルがありますよね。作家も読者もほとんどが女性という独特の世界なれども、市場は大きいと理解しています。
激しい性描写を含む作品も多いらしいので、規制の対象になることは明白ですが、キスとか抱擁程度なら、おめこぼしってことなんでしょうか? 
私はBL自体に興味はありませんが、この条例改正の流れにおいて、石原都知事が真っ先に同性愛者への偏見を口にしたという事実を、どうしてもゆるがせにはできません。


じゃあ異性愛のほうはどうかというと・・・小学生から高校生の少女をターゲットにしたさるコミック誌は、十年以上前から性的表現が過激になりはじめ、レイプや痴漢、近親相姦などを扱った作品もあるそうです。

これまでどんな作品が掲載されたのか、ネット検索してみたところ、「高校生の男女が交接したまま街中を歩く」とか、「イケメンに押し倒されてレイプされ、感じちゃって好きになる」とか、「兄が実の妹を好きになり、中学生の二人が肉体的に結ばれる」とか「叔父がローティーンの姪と」とか、いやはや出てくるわ出てくるわ・・・最後に読んだ少女漫画が花より男子という古い私は(その花男でさえ、最後のほうはロリっぽい絵になっちゃってギブ寸前でした)、一部の雑誌でこういう傾向があることを知りませんでした。


「イケメンに押し倒される」のは女子の鉄板ファンタジーとはいえ、「感じちゃいけないのに感じちゃうっ!」などという凌辱エロを描くのであれば、18禁に放り込むのが妥当です。少なくとも小学生は読んじゃ駄目でしょう。十歳の児童も手に取るだろうコミック誌に、こういう内容の作品が掲載されたという事実に寒気がします。

ちなみに兄と妹の恋愛話というのは、「僕は妹に恋をする」という有名な作品で、映画化もされたので御存じの方も多いと思います(コミック掲載開始は2002年頃? 結構前ですね)。
これを書くにあたって読んでみたら、中学生の双子の兄妹が気の毒なほど発情してますというエロマンガで、これを小学生が平然と読むのは異常事態かなと思いました。でも子供向けじゃないとか言いつつも、大人の鑑賞に堪える話でもありませんでしたが。


このような駄作はどんどん規制しちゃってくださいとは思うんですが、それは私の感覚であって(なにしろ600万部も売れた人気コミックです)、「非常に不快だから」というだけでは線引きの論拠になっていませんよね。

また性的行為を含んではいても深いテーマの優れた作品も、なかには存在するはずです。

条例改正反対派の大御所漫画家、竹宮恵子さんが描いた古典中の古典「風と木の詩」には、少年同士のセックス、レイプ、近親相姦(全部男×男)の描写が含まれますが、性的虐待の連鎖の悲惨さ、愛を求めて彷徨し破滅する人間を描いた名作です。
私は正直このお話は好きじゃないんですが、今さら不健全図書扱いがなされるとすれば、あまりに気の毒で不当ではないかと。

また、「夕凪の街・桜の国」という、広島の原爆を題材にした佳作を描いた、こうの史代さんも懸念を表明しています。こうのさんは日本最古の書物である古事記を題材にした作品を描く予定なのですが、兄妹間の性行為も含まれるため、「描けなくなってしまう可能性がある」と危惧しているとの事です。

国民的大ヒットコミック、「ONE PIECE」は素晴らしく面白い作品ですが(とはいえ私は途中で挫折したままです。長いんだもん~)、性的表現はないとはいえ、『違法行為の賛美・誇張』も規制対象になるため、メインキャラが海賊という時点でアウトじゃないか、と巷では議論をかもしているようです。


健全と不健全の線引きは、どのように行われるのでしょう? 


該当作品が「青少年の性的感情を刺激」したかどうか、「違法行為を賛美」したかどうか、どのような判断基準を適用するつもりなのでしょうか? 戦時下の言語統制じゃあるまいし。
この条例が可決されれば、子供にエロエロ駄作を読ませる危険性は減りますが、同時に傑作が生み出される土壌を奪いかねません。18禁指定されないよう、出版社側、創作者側が表現を自主規制するだろうことは間違いないので。

ともあれこの不完全な条例は、今月十三日にも可決される見通しだそうです。さらなる改正が絶対に必要だと思うので、残念です。

マンガやアニメの熱心な支持者でもない私が、とうとうと述べてしまって失礼しました。(ちなみにアニメに関しては全くの無知なのでお手上げです)。

青少年育成条例の改正のリンクを下記に貼りますね。興味のある方は一読くださいませ。

東京都青少年の健全な育成の条例の一部を改正する条例 (全文)


今回はめずらしく固い話になりました。

このような規制は「必要」かもしれませんが、大変表層的でもあり、本来の意味での「青少年育成」は、規制とは全然別のところにあるのではないかと思います。


最後までお付き合いいただいた方、ありがとうございます。


スポンサーサイト
[PR]


コメント

小学生が読むような少女マンガで、そういった表現はしてほしくないですけど…

高校生くらいなら分別もつくし…難しいですね


余談ですが少女マンガといえば、「君に届け」ピュアで素敵な作品です!笑
大人も楽しめる…^^;

また今日から一週間がんばりましょう。
[2010/12/13 07:38] URL | はるか #SHQZUy5Q [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/12/13 23:33] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kikiutano.blog134.fc2.com/tb.php/149-57cdd1b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。