FC2ブログ
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 275

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

KIKI歌野

Author:KIKI歌野
物書き(♀)です。アダルト表現を含む物語もありますのでご注意ください。ふと訪れた方々が楽しんでくださればうれしいです。
コンテンツの無断転載は一切お断りいたします。

メッセージ

コメ欄を閉じていますので、ご意見、ご感想、ご連絡などございましたら、こちらまでお願いいたします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

KIKI歌野の、たあいないものがたり
小説を書いています。官能を含む恋愛小説、普通の小説をぼちぼち載せていきます。たぶんまあまあ面白いです(つまんなくても暖かい目で見守ってください・・笑)


  NEW!!☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 2012年8月
 直己×香枝の最新作『パーフェクト・ビューティー・オブ・ライフ』アップしました。

 ゴメンナサイ、今回は有料コンテンツですが、(1)のみ無料で試し読みしていた
 だけます。

  皆様から寄せられたご感想はコチラ → ★★

 
 2010年11月
 直己×香枝の第四弾『ラヴァーボーイの受難』アップしました。


   インデックス・作品紹介
  初めてのお方はどうぞ。このブログ内の小説ラインナップが一目でわかります。


  キャラ紹介
  小説のキャラ紹介です。「100の質問!」コーナーもあります。お時間のある方はぜひ


  KIKI歌野の日記
  皆様へのお知らせとかお礼とか言い訳とか、いろいろ書いてあります。


  ツイッター
  キャラなりきりつぶやきもやってますので、小説を気に入ってくださった方なら
  楽しめると思います。ぜひのぞいてくださいね(現在停止中・・・ごめんなさい)



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天敵とあと一秒のキスを(3)
「あ・・だ、めだって・・もう」
「・・どっか」
 宇田川は苦しそうに囁いた。目は欲情していると同時に、強い迷いの色を見せている。
「行くか? 俺と」
 ホテルのことを言っている。香枝の眼が一気に覚めた。家出をしていた理性が「ただいま!」と戻ってくる。
「行か、行かないよ・・そんな・・」
「だってお前自力で立ってねーよ。腕疲れたし、どーせなら横になりてーかも・・」
 クスッと笑ったが、いつものような余裕のある笑い方ではなかった。
「あたし、帰る」
 香枝は宇田川の胸を押した。ホテルなんてとんでもない。後で絶対に後悔する。
「じゃ俺も一緒に帰る」
「一人で帰りたい」
 宇田川の表情がはっきりと変わった。苛立ち、傷ついてもいるような眼の色だ。香枝は宇田川から逃れると、金網に手をついてバランスをとった。脚がガクガクする。
「そんなんで、ちゃんと帰れんの?」
 宇田川の口調の冷たさが心に刺さった。
「あんたに関係ない」
「興奮してたくせに」
「あたしから誘ったわけじゃねーし」
 故意に乱暴に言い返すと新しい涙が湧いた。足元に落ちたままのバッグを拾い上げて歩きだす。宇田川は追ってこなかった。近くの交差点まで歩き、空車のタクシーに手をあげて乗り込んだ。タクシーが走り出すと、香枝は手のひらで唇を押さえ、もう片方の手で反対側の腕を抱き、きつく眼を閉じた。

 翌日は外出先に直行直帰だったので、宇田川と顔をあわせずに済んだ。その次の朝、天下分け目の合戦開始のような気合で出社すると、今度は宇田川が外出だ。ホワイトボードには「NR」、ノーリターンと書かれている。冷たい手の指に血がやっと流れたような感覚を覚えた。できればこのまま一生会わずに済ませたいと香枝は祈ったが、その翌日の金曜日はマーケティング部の定例ミーティングがあった。20余名のメンバーがコの字型に並べられた会議室のデスクに居並び、丁々発止の意見交換をする日だ。
 宇田川は開始時間から3分遅れて会議室に入室し、「電話入ったんでスンマセン」と気軽に皆に謝った。白いシャツに黒い細身のパンツはシンプルだが、安物ではありえないカッティングのものだ。香枝は一目でそれを見てとると、会議用ノートに眼を落しているふりをした。
「さて今日の議題は・・ああそうそう、その前に」
 ディレクターが立ち上がり、「宇田川、立って」と言った。
「耳の早い皆のことだから知ってる人もいると思うが、本日付で宇田川がイベントマネージャーに昇格した。入社以来八面六臂の活躍だったから、この人事に反論するヤツはいないと思う」
 香枝は右手に持ったボールペンを取り落とさないようにするのが精一杯だった。
「スゲッ。歴代最年少じゃね?」
「異例だよなー。まー無理もねーか、実際あいつがマーケ引っ張ってるし」
 隣席の囁きが聞こえる。香枝は微笑みを頬にくっつけることに成功した。だが心の一部が急激に壊死していく。いつかはと憧れていた役職を、宇田川はいとも簡単にかっさらった。27歳の若さで。
「えー、神田さんは活躍って言ってくれましたけど」
 挨拶を促された宇田川は全体をぐるりと見回し、香枝を含め均等に視線をあてた。
「まあ実際いいチームに恵まれて、いい仕事できてきたかなーと思ってます。でもまだまだできてないことあるし、やりたいことも一杯あるんで、皆と一緒にますます盛り上がってギャーギャーやってきたいと企んでます。これマーケの特権だよな? どの部署よりマジサイコー!」
 宇田川は本当に楽しそうに笑った。いくら若く自由な社風とはいえ、会議でこの演説はありえない。だが全員が爆笑し、歓声とともに宇田川に心からの拍手を送った。
(かなわない・・本当にかなわない・・・)
 こわばっていた香枝の肩が落ちた。
 会議の後で宇田川に近づき、「おめでとう」と言った。礼儀以上の微笑みを浮かべることに苦労はしたが、祝福の気持ちがないわけではないのだ。宇田川は「サンキュっす」と答えた。三日前の出来事なんか忘れたような顔だ。
「あ、そーだ。話ある。会議室に残って」
「話? なんの?」
 ギクッとした香枝だが、彼の平静な眼を見て仕事の話だとすぐに理解した。
 他のメンバーが全員去り、宇田川とシニアマネージャーの倉田と広い会議室に座ると、倉田は話を切り出した。
「こないだの社内コンペの宇田川の企画な、プロジェクトリーダーを籾山、お前に任せたいと思ってる」
「え? だってあれは私の企画では」
「誰の企画とかはもうどうでもいい。宇田川は今日からイベント全体をみる立場だ。だからリーダーは別の人間がやるべきだろ。お前ならできる。だからヨロシクうー」
 最後だけおちゃらけると、「あとは二人で話してね」と出ていった。香枝は無表情のまま座っていた。
「ムカつくか? 俺の手足になるのは」
 宇田川はごく冷静な顔で香枝の思考を看破した。
「でもそーゆー風に思ったらお前の負けなんだって。それをわかれ」
 テーブルに置いてあった3冊のリングファイルを香枝のほうに押して寄こした。
「今回の資料。全部読んどけよ。月曜の5時からミーティングすっからさ」
「あたしはこの話断れないわけ?」
「まーね」
 軽く答えて宇田川は立ち上がり、去りがけに香枝の肩を叩いた。「あっ」と過剰反応した香枝に「なんだそれ」と冷やかしの笑みを投げ、折り畳んだ1万円札を差し出した。香枝が受け取ると、会議室を出ていった。

 香枝は徹夜を覚悟した。週末の約束もキャンセルしなければならないだろう。この厚さのファイルを3冊、即座に把握できる頭は持っていない。
 マーケは残業の多い部署だが、金曜の夜なので9時半を過ぎるとオフィスにいるのは香枝だけになった。フロアの空調が壊れているらしく、温度設定をいくら下げても暑い。細身のわりに暑がりの香枝はジャケットを脱いだ。インナーはノースリーブだが、かえって気持ちがいい。
 給湯コーナーのコーヒーメーカーから煮詰まった液体をマグカップに注ぎ、誰もいないのをいいことに、ディレクタールームの隣の、応接スペースの黒皮のソファーに寝転がってファイルを読み続けた。スカートじゃなくパンツなので行儀が悪くてもかまわない。
 だが1時を過ぎると瞼が落ちてきた。あの出来事以来、寝不足が続いていたのだ。「ちょっとだけ」と自分に言い訳しながら、ファイルを枕にして目を閉じた。

 ベチベチベチベチベチ・・・聞きなれた音がする。何の音だっけ。そうだキーボードを打つ音だ・・・香枝は夢から覚めて眼を開けた。椅子に腰掛けノートパソコンを膝に乗せた男の脚が視界に映った。黒いパンツ。格好のいい長い膝下だ。
「あ!」
 香枝は半身を起した。何かが体から滑り落ちる。男物のジャケットだ。
「どーゆーカッコで寝てんの? 眼を疑ったぜ。しかも俺のファイル枕にしちゃって」
 向かいの肘掛椅子に腰かけた宇田川は香枝に視線を移さず、パソコンの画面を見て言った。
「・・なんでここに」
「近くで飲んでたんだけどさー、パッとヒラメいちゃって。ヒラメいたらすぐ書かねーと忘れちゃうんだよな。ノーパソ会社に忘れてきてマジ焦ったー」
「・・・・」
 香枝はしばらく固まっていたが、デスクに戻ってジャケットを羽織った。宇田川の神経を疑う。自分のデスクに座ればいいのに、なぜわざわざ香枝が寝ているソファーの真ん前で仕事をする必要があるのか。
 壁時計を見ると午前3時前だ。「動揺」なんてものじゃない。心臓がフロアに反響しそうなほど大きく鳴っている。宇田川の余裕のかましぶりが心から憎い。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/07/17 10:37] | # [ 編集 ]

良かった♪
官能小説のほうで読みました。名前変換で非常に楽しめました。読んでいる最中から女性の方が書いているのがわかりました。やはり、女性による女性の為のお話はツボをえていて官能以外も最高に良かったです!これからも期待しています。もっともっと官能系を読ませてください。
[2011/05/08 05:58] URL | うさぎ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kikiutano.blog134.fc2.com/tb.php/3-ae98b262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。