FC2ブログ
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 275

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

KIKI歌野

Author:KIKI歌野
物書き(♀)です。アダルト表現を含む物語もありますのでご注意ください。ふと訪れた方々が楽しんでくださればうれしいです。
コンテンツの無断転載は一切お断りいたします。

メッセージ

コメ欄を閉じていますので、ご意見、ご感想、ご連絡などございましたら、こちらまでお願いいたします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

KIKI歌野の、たあいないものがたり
小説を書いています。官能を含む恋愛小説、普通の小説をぼちぼち載せていきます。たぶんまあまあ面白いです(つまんなくても暖かい目で見守ってください・・笑)


  NEW!!☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 2012年8月
 直己×香枝の最新作『パーフェクト・ビューティー・オブ・ライフ』アップしました。

 ゴメンナサイ、今回は有料コンテンツですが、(1)のみ無料で試し読みしていた
 だけます。

  皆様から寄せられたご感想はコチラ → ★★

 
 2010年11月
 直己×香枝の第四弾『ラヴァーボーイの受難』アップしました。


   インデックス・作品紹介
  初めてのお方はどうぞ。このブログ内の小説ラインナップが一目でわかります。


  キャラ紹介
  小説のキャラ紹介です。「100の質問!」コーナーもあります。お時間のある方はぜひ


  KIKI歌野の日記
  皆様へのお知らせとかお礼とか言い訳とか、いろいろ書いてあります。


  ツイッター
  キャラなりきりつぶやきもやってますので、小説を気に入ってくださった方なら
  楽しめると思います。ぜひのぞいてくださいね(現在停止中・・・ごめんなさい)



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八月のアンビバレンス・ラプソディー (4)
 夜明けのオフィスの静寂に、濡れたキスの音が断続的に響く。涙と欲情はセットになっているのかもしれないと香枝はまだ泣きながら思う。激しさを増すキスは、いつ止むとも知れない驟雨のように続いている。
「香枝・・」
 キスの途中で、直己は香枝の名を呼ぶ。返事など期待していないかのように。ただ呼びたいから呼ぶのだというように。
「直己・・触って・・・お願い・・」
 愛撫を乞う香枝に、直己は頬へのキスで答えると、ブラをずらして敏感な乳首に触れた。指先で触って固くしながら頭を下げ、もう一方の乳首を唇に含む。キュッと歯を立てて軽く噛まれた。
「あっ」
 自分の短い悲鳴で頭の霧がふっと晴れた。唇で胸をいたぶられ、香枝のパンツのファスナーを降ろして股間に潜り込んだ手に、いつのまにか快感を与えられている。オフィスでこうやって体を触られても何の抵抗もおぼえない自分は、直己を知る前とは別の女だ。
「あ・・あっ・・」
 奥深くまで入った指の巧みな動きに香枝の息は激しくなる。直己がするからこんなに興奮させられるのだ。体の中心から溢れた熱い泉を、デリケートで大胆な指が掻き出していく。切なくてまた泣けてくる。イキそう、と香枝は小さな声で喘いだ。
「イキな・・・」
 耳元で答える直己の囁きは、強く甘い。微電流が背筋を駆け抜け、香枝はまたたく間に絶頂に達してしまった。香枝の体が落ち着くまで抱き締めてくれていた直己は、「続きは俺んちで」とこともなげに言い、香枝の唇にキスをした。

 直己の部屋に着いたとたんベッドに倒され、服を全部剥がれた。疲労困憊でぐったりした体をまた愛撫で昂らされ、ほとんど一方的にされているだけのセックスを終えるや、香枝はフリーフォールのような眠りへと落下した。直己が傍にいてくれる絶対的な安心感は、どんな睡眠剤より強力に作用する。
 数日ぶりに深い眠りを貪った後で目が覚めたのは、背中に感じるくすぐったさのためだった。背骨をゆっくりとなぞる指の感触にクスクス笑いながら顔をねじ向けると、ベッドの縁に腰かけた直己が微笑み返した。真っ白なシャツの肩が窓からの陽を跳ねて眩しい。
「何やってんの・・・」
「お前の背骨数えてんの。暇だから」
「あれ? 今日って確か」
 香枝は上体を起こしたが、何も着ていない自分に気付き、布団を胸の上まで引き上げた。
「出張だよね。まだ行かなくていいの?」
「三時の新幹線だからあと三十分で出る」
「東京駅まで見送る。シャワー借りるね」
 慌ててバスルームに向かい、大急ぎで体を洗って髪を乾かし、バスタオルで体をくるんで外に出てから、昨日の服しか着るものがないことに気づいた。
「あーお前の荷物、畑中から受け取っといたから」
 ベッドに腰掛けて腕時計を身に付けていた直己が視線を投げた床に、香枝の特大バッグが二個置いてあった。
「えっ、いつの間に」
「早く服着ろ。置いてくよ」
 香枝はバッグを開けて衣類を取り出し、下着を身につけた。ノースリーブのざっくりしたワンピを着れば支度はもう終了だ。直己はちょっといやらしい眼で香枝の着衣を鑑賞していたが、立ちあがって背中のファスナーをあげてくれた。香枝の手を取り、何かを握らせる。部屋の合い鍵だ。
「これって・・・」
「当分はここにいな。で、上手くやってけそうなら、俺はそのまま一緒に暮らしたいと思ってんだけど」
「え?」
「まーもし同居に抵抗あんなら、俺の眼の届く近所に越してきてくれてもいい。とにかく今のマンションは引き払え。なるべく早く」
 いつものように断定的に言うと、直己はキャリーケースを引いて「行くよ」と言った。

 東京駅に向かう地下鉄のシートに直己と並んで座りながら、香枝の心は乱れに乱れていた。
 同棲のオファーを受けた。と言ってもごく控えめな提案に過ぎないが、正直に言えばちょっと嬉しい。だが向う見ずに同棲生活に突入できるほど香枝は世間知らずではない。
黙りこくった香枝の横で、直己もまた口を閉じている。横顔の表情は何も読めない。困ったことに、と香枝は直己から視線を外して前を向いた。あたしはこの男に惚れ抜いてしまっている。
 東京駅に着き、広い複雑な構内を新幹線のホームに向かう。博多行きの東海道新幹線は既にホームに停車していた。離れ離れに週末を過ごす切なさが俄かにこみあげ、香枝は直己の背中に腕を回して身を寄せた。こういうカップルって目ざわりなんだよな、と思いながら直己の唇に一瞬のキスをすると、意外なことに眼の前の顔は少々うろたえていた。
「お前は外人か?」
「だって寂しいんだもん」
 香枝の手を引っ張って新幹線のドアの脇に連れ込むと、直己はやや呆れたような顔を近づけて囁いた。
「そんな寂しいなら俺と一緒に暮らせば?」
「ずるずる同棲とか、けじめがないのはやだ」
「なら籍入れるか」
「はい?」
「籍入れて宇田川香枝になりゃいいじゃん。そうすりゃ堂々と一緒に住めるし」
 香枝は呆気に取られ、この男の頭の中はどうなっているのかと眩暈すら覚えた。
「そんな・・そんなのまだ無理! それこそ早すぎ! めちゃくちゃ嬉しいけどタイミング違うから」
「そ? いつかは結婚すんだから、今したって同じじゃね?」
 その「いつかは結婚」って決めつけは何ですか。大体あなたからプロポーズされたことなんか一度もないですけど、と反駁しかけた香枝は、直己の眼の中に揶揄が混ざっていることに気付いた。
「・・・ウケない冗談言わないでよ」
「ウケねーのは悪かったけど、別に全然冗談でもない」
「わかった。もう黙って。混乱する」
 香枝は直己の唇を手で塞いだ。ドキドキしすぎて息ができない。直己の肩におでこを乗せて、上下する胸の弾みを抑えようとした。
「げっ、嘘!」
 鋭い女の声が聞こえ、直己と香枝は同時にその方向を見た。眼の前のホームに、マーケの三人のアラサー女子連が立っていた。大きなバッグを持った旅の姿で、巣の中のひな鳥のように口をあんぐり開けている。なぜ彼女達がここにいるのかという疑問よりも先に、今までの隠匿の苦労がすべて水泡に帰したことも、今後どんな申し開きや取り繕いをしようと、もはや無駄だということを、石化した香枝は瞬間的に理解していた。
 新幹線のドアがするすると閉じた。口を開けたままの彼女達が視界から消えても、直己と香枝は棒立ちのまま動けずにいた。
「あいつら」
 直己は抑揚の消えた声で言った。
「どこに出張に行くんだ?」
「直己・・・新幹線に乗る人が全員出張なわけじゃないよ。京都に旅行って言ってた。今思い出したけど」
「へー」
 直己はドアに後頭部を押しつけ、気の抜けたようなため息をついた。香枝が腕に触れると顔を傾けて視線を合わせた。
「あいつらの口って羽より軽いよな」
「と思う」
「月曜日には社内中が知ってるってわけだ」
「どうする?」
「さーな。全然わかんねー」
 答えた途端に直己は小刻みに笑い出し、すぐに爆笑に発展した。とにかく可笑しくてたまらないといったような、弾けるような笑い方だった。笑いの種は香枝にも飛び火し、同じように大笑いしてしまった。「なんでこんなに笑ってんの」「知らねーし。てかお前なんで新幹線乗ってんだ」と言い合いながら笑い転げ、笑い声の応酬はいつまでも止まらなかった。
 窓外は猛暑だ。林立するビルに見え隠れする水色の空の底に、入道雲の一群がある。
「・・・明日は梅田と神戸って言ってたっけ?」
 香枝はようやく息を整えて涙を拭うと、真っ白に立ち上がる雲を見つめながら言った。
「あたしも一緒に行こうかな」
 直己の顔に視線を移して「行っていい?」と問う。直己はまだ胸郭を震わせて小さく笑いながら、眼を細めた。
「店舗視察に? お前出張申請出してねーだろ」
「ねえ明日は日曜だよ。直己にもちゃんとリラックスして休んで欲しい。思い切り寝坊して、美味しいもの食べて、大阪でも神戸でもどこでもいいから、手をつないで歩きたい」
「手をつないで歩くねえ・・・」
 直己は唇の下のあたりを掻いた。
「それやったら一緒に暮らしてくれんの?」
「もちろん。いつかだけど」
「けち」
 香枝の髪の先をつまんで軽く引っ張った。
「ま、いいや。新大阪に着くまでに、オフィスにおける今後の対策と戦略を練ろうぜ」
 何か吹っ切れたような顔の直己に「うん」と頷き、香枝は強烈な熱量の陽射しに眼を瞬かせた。その刹那、子供の頃の夏休みの幸福が胸によみがえった。明日は大好きな人とデートだ。この日がただ一日の夏の日というように、心を歌わせて楽しもう。
 大阪で一番行列の長いたこ焼き屋でも探しとくか、と直己は冗談を言い、突っ込みを待っているようだったが、香枝は微笑みを浮かべたまま何も言わず、恋人の頬に短いキスをした。




(おわり)


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント
ステキ
めちゃめちゃ待ってました!香枝&直己の続編★
もう、やっぱり、むちゃくちゃ好きですこの二人。
なんで人の恋愛事情にこんなキュンキュンしなきゃいかんの?と思いながらキュンが止められません~!!
もうホント、忘れかけたトキメキをありがとうです♪
あぁステキ!!
[2010/07/20 03:33] URL | りりー #- [ 編集 ]

明け方にすみません。
ずっと更新待ってました!職場恋愛のいろいろにすごーく共感したし、結局うまくいく二人が羨ましかったです。私は失敗したから(笑)。

なぜ、バラす、バラさない、ちょっとバレてもいいかも…の感情って、あんなに男女で差が出るのかなぁ…。一見、どこまでも上を行っていそうな直己に女性として半分イラつきながら、その直己の気持ちをひっくり返す香枝ちゃんの真っ直ぐさに、羨望を覚えました。妄想せずに素直に伝えるって、案外難しいんですよね。

何書いているのか分からなくなってきましたが、とにかく面白かったです!
[2010/07/20 03:37] URL | エミリー #- [ 編集 ]

Re: ステキ
りりーさん
コメントをありがとうございます~
そんなにキュンキュンしていただいて、ねちねちと直しながら書いた甲斐がありました(笑)
今後ともよろしくお願い致します~
[2010/07/20 09:40] URL | KIKI歌野 #- [ 編集 ]

Re: 明け方にすみません。
エミリーさん、コメントをありがとうございます~
職場恋愛は難しいですね。これは架空のお話ですけど、読んでくださる皆様は、ご自分の過去や現在のリアルな恋愛を投影しながら読んでくださっているのかなぁ・・・と感慨深くなりました。ちなみに直己には私も多少いらつきます(笑) いらつきと萌えのバランスがちょっと難しいですね~。
[2010/07/20 10:00] URL | KIKI歌野 #- [ 編集 ]

すごくいい^^
続編、ずっと待ってました。男目線で呼んでも香枝さんのかわいさや
意地っ張りっぷりはたまらないものがあります。
直己のひねくれっぷりというかなんというか…も、香枝と合ってる気がするし。
とにかく、ドキドキしながら本当に楽しく読ませていただきました。
ありがとうございました。
大変だと思いますが、この続きも楽しみにしていますね♪
[2010/07/26 11:03] URL | しゅんさく #- [ 編集 ]

Re: すごくいい^^
しゅんさくさん、コメントをありがとうございます~
男性読者がいらっしゃるとは目からうろこ(?)です!
気の強い香枝のかわいらしさが書けたらいいなと思っていたのでとても嬉しいです。
今後ともほそぼそ更新しますので、よろしくお願いいたします~
[2010/07/26 12:09] URL | KIKI歌野 #- [ 編集 ]

お返事ありがとうございます^^
お忙しいのにお返事をいただきありがとうございます^^
登場人物の2人の人柄や個性にとても親近感を感じ、まるで自分のことのように入り込んでしまっていますw
その世界観を表現しているKIKI歌野さんのセンスや発想力には感心しっぱなしです^^
小説の進行や感情表現を希望者で作っていけるような仕組みがあったら
稚拙な内容になってしまいますが参加してみたいものです*^^*
[2010/07/26 13:13] URL | しゅんさく #- [ 編集 ]

Re: お返事ありがとうございます^^
親近感をもっていただいて嬉しいです~。うーん、そういう仕組みは弊ブログでは無理ですし、リレー小説は全く好みではありませんが(ごめんなさい)、キャラを自ら動かしたいお気持ちはわかる気がします・・(笑)
[2010/07/27 02:36] URL | KIKI歌野 #- [ 編集 ]


困らせてしまってごめんなさい><;
管理者さんを困らせるつもりは全くなかったのですが…。
だから謝らないでくださいね^^
>キャラを自ら動かしたいお気持ちはわかる気がします・・(笑)
そう言っていただけて嬉しいです*^^*
これからも楽しみにしていますので、ぼちぼち無理せずw
でお願いします。
[2010/07/27 09:25] URL | しゅんさく #- [ 編集 ]

すてき!大ファンです!
はじめまして!
某巨大サイトより 飛んできました~

初めて、天敵を読んでから もう 大好きな世界です
プリントアウトして、勝手に文庫本サイズに本にしちゃいたぁい(笑)
胸のときめきや、じれったさや 切なさがガンガン響いてきます
二人の心理描写が のめりこませます!!!
直己に 惚れまくりです~~~

これからも、KIKIさんの素敵な小説 の世界を楽しみにしていますね
[2010/07/27 12:23] URL | いくこ #JalddpaA [ 編集 ]

元気もらってます
巨大サイトから自力検索で飛んできたクチです。天敵から一気に
引きこまれ、グリーンと共に何度読み返したことか(笑)
この二人がやりとりしているのを見ているだけで、とても幸せな気分になれるので
官能なしでも、日常のたわいないやりとりでも読んでみたいです。
こんな素敵な恋愛経験は全く持ち合わせておりませんが、落ちているときに
読むと、たくさん元気をいただいています。
また、素敵なお話を読ませて下さい。100の質疑応答、楽しみに待ってます!
[2010/07/27 16:05] URL | アサ #pwutJTUc [ 編集 ]

とても良かったです・・・♪♪
1回目は勢いのままに読み、二回目はしみじみ読み・・・KIKIさんの作品は
何回読んでも飽きないし、ドキドキします。

『そうきたかあ~~!!』と思わず膝を打つ台詞があったり、自然に笑みが
こぼれたり。1番いいのは、主人公の二人が、ほんとに魅力的なところです。
香枝が実在したら、友達になりたい!一緒に飲みに行きたい♪と思うし、
直己が実在したら、むかつきながらもw百パーセント惚れてしまうでしょう。

八月の、暑いけど何かワクワクする感じが、読んでるだけですごく伝わって
きました。これから、二人の関係には変化があるのか・・・秋が楽しみです!
[2010/07/27 21:33] URL | MIMI #- [ 編集 ]


なんかほっこりしました 

またたくさん遊びにきまぁす 
[2010/07/31 04:44] URL | ひぃ #- [ 編集 ]

ヤッバイ
ヤッバイくらいにイイ!!

こーゆー恋愛したいです☆

直己みたいな人めっちゃタイプやけど実際にはなかなかいないです(笑)


個人的に直己はビョンビンよりホタルノヒカリで瀬乃を演じてる向井理さんのがイメージに近いなぁ…。

恋愛小説としても楽しめるし、久しぶりにドキドキしながら読破しちゃいました☆

続編待ってます。
[2010/07/31 09:33] URL | まり #- [ 編集 ]


いつも楽しませて頂いてます!

香枝ちゃん可愛すぎ!
直己格好良すぎ!!
大好きな二人を応援してます!

とても読みやすいし、これからも応援してます!
[2010/08/05 09:46] URL | yuka #- [ 編集 ]


何度も読み返して楽しませてもらっています!
↑の、まりさんのように、私もホタヒカをイメージしちゃいました。
これからの展開、ますます楽しみです♪
[2010/08/10 23:26] URL | みかん #BqEwgRj. [ 編集 ]

ハマリました・・・
直己、ムカつくのに、なんであんなに魅力的なんですかぁ!
(o´д`o)=3
香枝ちゃんも、素敵女子すぎて、憧れます!
(あたしのほうが年上だけど・・・)
(〃^∀^〃)

あたしは勝手に、直己=照英さんをイメージしちゃってます。。。
(鍛えてるけど、それなりにスレンダーそうなあたりが・・・)
ぜひとも、また続編を~!
いずれは結婚してほしいけど、もう少し、2人の恋愛話を楽しみたいです!
(e´з`e)
[2010/08/27 00:49] URL | 和葉 #mQop/nM. [ 編集 ]

大好きです☆
直己の言動が彼氏と似てて、読んでてドキドキしっぱなしです(照
あの自信満々なところとか断定的に言うところとか・・・喋り方までそっくりなのです!
だからもう、自分達に重ねて何回も読み直してしまってます。

今回で2つ目の続編ですが、今後もこの二人のお話ぜひ読みたいです!
大変だとは思いますが、期待してます♪
[2010/09/03 01:24] URL | さき #- [ 編集 ]

Re: 大好きです☆
さきさん、

ありがとうございます。なるほど、直己とそっくりな彼氏ですか。いるんですねー(笑)
[2010/09/05 01:14] URL | KIKI歌野 #- [ 編集 ]

すごい!!
素晴らしいです!!!
何回も読みなおしてしまいます!
うらやましいな、この二人。
これからも続編を書いてください!!

もちろんあせらないでくださいね。
本にしてみたら??
[2010/09/05 11:14] URL | マル #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kikiutano.blog134.fc2.com/tb.php/53-529fb71d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。